ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る


 

▼『低温焙煎』を考察する!no,1







『低温焙煎』
と言う言葉から想像されるのは『低い温度でジックリと時間をかけてコーヒー豆を焙煎する』というように捉えられている方が多いと思います。

私のしている『低温焙煎』は、決してそうではありません。

結果としては、一般的な焙煎方法と比較した場合、低い温度帯での焙煎スタイルになっていますが、コーヒー豆が煎りあがる為に必要な熱量を効率よく伝えた結果、低い温度帯で煎りあがっているだけなのです。

私の経験から言えば、コーヒー豆は色がついて、一応のハジきが始まるための熱量はあらかじめ決まっているように思います。


料理で焼き物をするときのことをイメージしてください。


『必要以上の強い火力で焼くと、材料の芯の部分は生なのに表面は焼き過ぎている』


『逆に、必要以上に弱い火力で焼いた時は、中まで火が通っても素材の美味しさが十分に引き出されていない』そんな経験はありませんか?


コーヒーの焙煎もこれと同じような感じだと思います。


私が焙煎をする上で、気をつけているのは下記の事です。

●コーヒー豆の芯までキチッと火が入って、豆の中と外がバランスよく煎られている。

●コーヒー豆が、素直に気持ちよくハジク為に必要な最小限の熱量を効率よく与える。


上記の事を可能にしているのが『低温焙煎』という私の焙煎スタイルなのです。



no.2に続く






◇自家焙煎の店フクモト珈琲◇

http://www.fukumotocoffee.com/

https://www.facebook.com/fukumotocoffee

https://ameblo.jp/gankooyaji-mame/