ご注文方法
スペシャルティコーヒー試飲モニター募集
コーヒー豆価格一覧
店舗の所在地
ギフトのご案内
通販法表記
お支払い方法
お試しセット
送料について
オプション商品
トップへ戻る

■スペシャルティコーヒーの定義についてはこちら■




エチオピア・イルガチェフG1

【生産国】 エチオピア
【産出地域】 YIRGACHEFFE地域のKONGA
【生産高度】
1800〜2000m
【精製方法】
WASHED
【グレード】
G1
【倉庫保管】
定温倉庫保管

(100g) (200g) (500g) (1s)
 ¥560
(税込¥605)
¥1,080
(税込¥1,166)
¥2,600
(税込¥2,808)
¥5,000
(税込¥5,400)

ご購入はこちらから
 
アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。

コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。

「エチオピア・イルガチェフ」はコーヒー発祥の地と言われるエチオピア、アビシニア高原南部のシダモ地方の産。

YIRGACHEFFEの収穫されるKONGAは標高
1,8002,000メートルの標高にあり、YIRGACHEFFE地域の中でも最も標高が高い地域です。

また、高い標高に加え土壌の条件が優れた地区で、コーヒーの栽培には最も適した地区であるということが言えます。
この地域で生産が始まったのは、1950年代とコーヒーの生産文化からすると比較的新しいのですが、紅茶にも似た特徴的なフレーバーとワインにも感じられるフル・ボディーのカップで、このイルガチェフェ地区のコーヒーが『YIRGACHEFE』の名で急速に取引されるようになりました。
 
『イルガチェフG1』はエチオピアのコーヒーの中で最高位にランクされております。

エチオピアコーヒーとしては珍しい【水洗式の精選方法】をとっています。
アン・ウォッシュドコーヒーはいわゆるモカ特有のモカ臭が強いのが特徴ですが、ウォッシュド・コーヒーはモカ臭は少なく、コーヒーの本来持っているすっきりとした甘味に特徴があります。


この最高傑作が奏でるテイストは、口いっぱいに広がるワインフレーバーの豊潤な香りと、バランスの取れた上品な甘味を醸し出します。